お正月

お正月といえば福財布

お正月にお財布を買う人いますよね。
お正月に新しい財布で迎えると金運が高まるともいわれています。

 

更に風水にこだわる人であれば色は黄色でお札を折らないように長財布にしてとこだわりを持って買う人もいます。
少しでもお金周りをよくしたいと思っている人であればお財布売り場が気になる人もいます。
黄色は金運が良くなり、黒は家計が黒字になる。赤は恋愛にはいいが、赤字になるので避けたいなどいろいろこだわりを持って買う人もいて更に年末になると風水関連の本も出始めてさらにこだわるという流れにもなります。
「お金持ちはお財布がキレイ」という噂があるのですが、まさにその通りで風水でもお財布をきれいにして更にお札の向きを揃えるとお金が入ってくるとも言われています。
なのでお正月を機に家計の見直しをしてみるのもいいかもしれません。

 

新品のお財布でお正月を迎えて更に丁寧にきれいにお財布を使えばお金も入ってきてという好循環が生まれてくるものです。
更に家計簿も付け始めるとお金の流れもわかるようになり、よりお金を大事にしようという気にもなります。
福袋を買うという人もいますが、来年は福袋ではなく福財布を買って貯蓄体質を目指して頑張りましょう。

 

お正月はお小遣い稼ぎ♪
お正月バイト

結婚前と結婚後で変わった年末年始の過ごし方

結婚前の年末年始は、毎年実家でのんびりと過ごしていました。
多くの家庭がそうであるように大みそかには家族で紅白歌合戦を観て、一年の垢を落とすということで、必ずお風呂にも入り年越しそばを食べて除夜の鐘を聞いてから就寝していました。

 

元旦には、遅めの起床でお雑煮を食べ、犬の散歩のついでに近所の神社やお寺にお参りに行ったりしていました。
母親と私は買い物が大好きで初売りセールなどにもよく出かけていました。

 

翌日には、親戚がやってくるので母親と食事の準備などをし、みんなでわいわいと食事をしたり正月番組を観たりしていました。

 

結婚後はかなり状況が変わりました。

 

まず、大みそかの前日くらいから、夫の実家に行かないといけません。
大みそかには義理母の指導のもと、おせち料理の準備、大掃除、仏壇にお正月用のお花を供え、夜には年越しそばの準備です。
もちろん夫は、何もしません。男は何もしなくてもいい家で育ったみたいです。
ずっと義理母と顔を突き合わせて、話をしたり、テレビを観たりしています。

 

元旦は、天気が良ければ夫の家族と近くの神社に初詣出に行きます。
デパートの初売りセールなどに行きたいなあ。と思いますが、義理母は女性にはめずらしく買い物は好きではありませんので、言いだせません。

 

ずっと、家の中でお茶を飲みながら世間話をしています。